顔汗は臭わない「エクリン汗腺

人は誰でも汗をかきますし、動物も汗をかきます。
人の身体には汗を出す汗腺が2種類あり、
それは「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」です。
このうちで顔汗は、臭いがない「エクリン汗腺」から出る汗です。

 

 

■「エクリン汗腺」は身体のどこに多いか
身体に2種類の汗を出す汗腺があることは先に述べた通りで、
汗の多くは「エクリン汗腺」から出ます。
「エクリン汗腺」はほぼ身体の全てに分布していて、
多くは顔や手の平、足の裏にあります。

 

 

■「エクリン汗腺」から出る汗の特徴
「エクリン汗腺」から出る汗の成分のほとんどは水分です。
99%は水分とも言われていますから、通常ではエクリン汗腺から出る汗は
サラサラで臭わない、-いわゆる「良い汗」です。

 

 

■「エクリン汗腺」から出る汗が異常な場合
「エクリン汗腺」から出る汗がサラサラではなくなる異常な場合は、
かいた汗をそのままで放置した時で、それは細菌が汗を分解するからです。

 

すなわち、いくらサラサラした良い汗でも、かいた汗をそのままにすると
空気中の細菌が付着して汗の中にある微量のたんぱく質などを分解するのです。
そうすると臭わないはずの汗が臭ってしまいます。
いわゆる、汗臭いというのは、汗をきちんと拭きとっていないからです。

 

 

■臭わないはずの「エクリン汗腺」からの汗のケア
このように「エクリン汗腺」から出る汗は本来は無色無臭で、サラサラしていますが、
汗をこまめに拭き取らないでいると、細菌が繁殖して汗をエサとして分解し始めます。

 

そうすると細菌が分解した成分が臭いを発します。
したがって「エクリン汗腺」から出る汗のケアは一にも二にも、きちんと拭き取ることです。