顔汗の原因の一つ、自律神経バランスの乱れ

ただ気温が高いだけで出てくる汗でないものがあります。理由は様々ですが、
自律神経バランスが崩れることによって起こるケースが昨今よく見られます。

 

しかし、これにはきちんとしたメカニズムがあり、抑制することもできるので、
そのためにこのメカニズムをきちんと知ることが大切です。

 

 

自律神経って何?

息をしたり、体内の臓器を作動させたり、人が滞りなく生きられるために
自然と機能している神経を自律神経といいます。
体の温度の調節や汗をかくという行為も自分の意識で調整できるものでは
ないので、これも調整しているのは自律神経です。

 

体の様々な部分を無意識に自律神経がうまく機能させてくれているということは、
自律神経が関わっている部分は、自律神経にトラブルがあった時、同じく何らかの
トラブルが現れるということです。

 

 

神経バランスが崩れる時の仕組み

ざっくり分けると、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の二種類があります。

 

体の温度や血圧を高くし、気分を高揚させるホルモンを活性化させるのが
交感神経です。交感神経が司るのは、汗に関することも含まれます。

 

逆に身体や心を穏やかにし、成育を助長するホルモンを活性化させ、身体を
休息に導き元気を取り戻すのが副交感神経です。摂取したものを分解したり、
血圧を鎮静化させたりする作用もあります。

 

人はこの二種類の神経の均衡が保たれることで健康な生活を送れます。
片方ばかりが活発に働いても、体の調子は狂うだけです。

 

この二種の均衡が崩れてしまった状態が、自律神経が乱れた状態です。

 

交感神経ばかりが活発化してしまう人が最近は多い傾向があり、これは疲労や
ストレスによるところが大きいです。そうなると副交感神経はうまく働かず、
体がリラックスできないようになります。

 

 

バランスの崩れで起きることとは?

顔や手に異常な汗をかくことも含め、人によって様々な異変が、自律神経の
バランスが崩れることによって引き起こされます。

 

息がうまくできない、疲れがとれないという人もいますし、排便サイクルが
乱れたり、逆にお腹を下しがちになったりする人もいます。
さらに睡眠障害や、体温調整がうまくいかないといった症状もあります。

 

普段経験することが多いであろう例を挙げるとすれば、職場で上司の前で
プレゼンテーションなどをしなければならない時、慣れていないととても
ドキドキしますよね。

 

このような際、異常に脈が速くなったり息が荒くなったりしているとすれば、
副交感神経よりも交感神経が優位になっています。これは自律神経バランスが
崩れていると言えます。こういった時に汗がとめどなく出てくるという人も
いるでしょう。

 

 

対策としては、みんなが自分を見ているとあまり考えないようにしたり、
パニックを起こさないよう用意周到にしておいたりすることが効果的です。
また、夜更かしはせずに睡眠をしっかりとって、ストレスを普段から発散させる術を
身に着けておくことも大事です。

 

こうして副交感神経を活発に働かせられるようにして、心を落ち着かせることが
重要なのです。そうすれば、段々と自律神経の乱れも軽減されてくるでしょう。

 

顔面多汗症の薬での治療について

酷い顔面多汗症の場合は薬品で治すケースもあります。
どんな薬品が使われているのでしょうか。

 

■顔面多汗症の治し方のタイプ
多汗症の内、身体のピンポイントからだけ妙に発汗するのが局所多汗症であり、
冒頭で述べた顔面多汗症などが代表格です。

 

ただ、顔面多汗症を治すための特効薬が何なのかはいまだ分かっていません。
ですが、別の身体の場所(脇の下、足裏、掌など)と同様に、
神経遮断薬品やボツリヌス注射が効くのではないかと見られています。

 

 

■ボツリヌス注射
ボツリヌス注射とは、ボツリヌス筋から採れるボツリヌス毒素を用いる注射です。

 

さて、交感神経から分泌される神経伝令物質である「アセチルコリン」が、
汗腺に刺激を与えると、汗が出やすくなります。
しかし、ボツリヌス注射を行うとアセチルコリンが出にくくなるので、
汗も出にくくなります。

 

ボツリヌス注射の効き目は6か月前後もちます。
ですが、顔面多汗症のために行う場合は保険の対象外ですし、そもそも相当痛いです。

 

ボツリヌス注射は、もっとピンポイント多汗症、
つまりは脇の下、足裏、掌等の多汗症を治すために行われる事が多いそうです。

 

ちなみに、ボツリヌス注射で多汗症を改善してくれる医院でも、
顔面の多汗症は対象としていない場合がありますので、
前もってきちんとチェックしておきましょう。

 

 

■神経遮断薬品
前述のアセチルコリンの働きを鈍らせる事で汗を止める事を目指す薬品です。
多汗症を治すための神経遮断薬品としては「プロパンテリン」が存在します。

 

ですが、プロパンテリンは顔面の汗腺に留まらず、
アセチルコリンが伝令物質として働く全部の器官に作用してしまうので、
副作用が出る恐れもあります。具体的には、排尿や排便がしにくくなったり、
喉が妙に乾いたり、目がかすんだりするケースがあります。

 

 

■漢方薬品
顔面多汗症の際は、よく柴胡桂枝乾姜湯
(さいこけいしかんきょうとう)が使われています。

 

また、興奮や緊張が引き金の精神性発汗のケースでは、
精神安定剤を使う場合もあります。精神安定剤は心療内科で出してもらえます。
http://www.chemindessaintjacquesdunord.org

 

更新履歴